【欅坂46】全員選抜から選抜制へ、 9枚目シングルメンバー発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【欅坂46】全員選抜から選抜制へ 9枚目シングルメンバー発表

欅坂46も表題曲(シングル曲)のメンバーを選抜制に!

デビューシングルから最新シングル(8th「黒い羊」)まで、メンバー全員でパフォーマンスしてきた欅坂46。

しかし、2019年冬に発売予定の9枚目シングルより全員選抜からメンバー選抜制になることがわかりました。

欅坂46の公式サイトでも「9thシングルの選抜発表の模様・・・」と表記があるので、選抜制になることは間違いないようですね。

気になる選抜メンバーの発表は2019年9月8日深夜放送の「欅って、書けない?」で、その模様が放送されるということです。

欅坂46総勢26名から何人が選抜メンバー入りするのか!?

2019年9月8日時点で欅坂46のメンバーは全員で26名

乃木坂46の選抜メンバーが20名前後とすると、欅坂も同じくらいの人数になることが予測できるけど、それじゃあ外れる側の人数が少なすぎるような気も。。。

乃木坂46の場合、もともと一期生が36名いるうえでの選抜制だったし。

そう考えると欅坂46の26名(1期生17名、2期生9名)を選抜メンバー制にするってことは、15名~18名くらい(いやいやそれ以上・・・?)まで絞り込む可能性も十分に考えられますね。

ここにきて織田奈那のスキャンダル報道

9月8日に選抜メンバーが発表されるという前日の7日に発表された文春による一期生織田奈那の彼氏報道。。。

今回のシングルはわかりませんが、今後はこういった報道が原因で選抜メンバーから外れるようなことも起こるということ。

こうやって考えると運営側からすると選抜制にしたほうがなにかと都合が良さそうですが、ファンからすると、自分の推しが選抜から外れると見る機会が減少する恐れもあるので心配ではありますね。

いろいろと意見はあると思いますが、導入されてしまった選抜制。

これからの欅坂46にとって、正しい選択になることを楽しみに期待しています。